×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あの日あの頃

テンプレートサイトの巡回はもはや趣味といっても過言ではないくらい、その手のサイトに日参している時期がありました。 当時はCSSレイアウトへ皆が舵を切り出してから間もない時期で、今となっては懐かしいテーブルレイアウトやフレーム、インラインフレームを使ったものからフルCSSで構成されたものまで様々なサイトデザインが混在し、新しいテンプレートサイトの新設やサイトのリニューアルが盛んに行われる賑やかな時代でありました。 この頃は学生さんが管理しているサイトが多かったように思います。 当時は私も学生で、好きが高じて私自身もテンプレートサイトを作ったことはあるのですが、当然見るのとやるのとでは全然違います。 結局2年と持たずに閉鎖してしまいましたが、それでも他の方のサイトを見て回るのはやはり楽しく、閉鎖後もそうしたサイトは常にチェックしていました。

就職してからは趣味に割く時間がなかなか取れないまま、大好きなサイトへの巡回頻度も次第に減っていきました。 そんなある時ふと「あの頃どんなサイトがあったかなぁ」と思い立ち、あるテンプレートサイトの2007年頃のブックマークページをInternet Archiveで覗いてみました。 するとそこには77件ものテンプレートサイトのリンクバナーがあり、立ち上げから1年ほどしか経っていないはずのCSS着せ替えテンプレートプロジェクト参加サイト数だけでも36件にのぼりました。 当時の勢いを感じさせます。

減ったなぁ

当時を懐かしく思うと同時に寂しくもあります。 これを書いている2011年時点ではその77件のほとんどがすでに閉鎖しているか、何年も更新がなされないままの状態になってしまっているからです。

ブログやSNSのようなウェブサービスを誰もが無料で利用できるようになった昨今、インターネット上に情報を発信するためにわざわざ自前のホームページを用意する必要はなくなりました。 面倒なHTMLやCSSの勉強などしなくても、テキストサイトであればブログやmixiで、イラストサイトであればPixivで、より簡単にその目的を果たすことができるからです。 敷居の低いこうしたウェブサービスがホームページに取って代わる中、ウェブテンプレートの需要も当然下降線をたどっていきました。 0574W.S.Rのテンプレート部門ランキングの登録サイト数を比較してみると、2005年時点で約240件あったテンプレートサイトの登録件数は、6年後の2011年には約120件にまで半減しています。 前述した77件をブックマークしていたという某テンプレートサイトも、今ではブックマーク数は25件にまで減っているようです。 便利になったとはいえ、やはり寂しい気持ちのほうが大きいというのが正直なところです。

テンプレートサイトの魅力

私がテンプレートサイトに興味を持つようになったきっかけは、NAUGHTというテンプレートサイトとの出会いでした。 そこで初めてテンプレートというものに触れ、HTMLやCSSの存在を知り、その後テンプレートサイトを作るまでに至りました。 しかしNAUGHTのもの含め、テンプレートサイトのテンプレートを利用したことは一度もありません。 いつも眺めているだけでした。

一方でプロのデザイナーの方々がデザインや技術を競い合うような、いわゆるデザインギャラリーを閲覧していたかというと、そうでもありませんでした。 よく出入りしていたのは0574W.S.Rのテンプレート部門ランキングや素材屋ウェブリングに登録してあるような個人サイト。 学生さんや主婦の方々が趣味で運営しているようなテンプレートサイトばかりでした。

そうしたテンプレートサイトに魅力を感じていた理由、それは作り手の気持ちがより強く感じられることにあると思います。 その人特有のアイデアであったり、癖であったり、言うなれば手作り感のようなものでしょうか。 完成度が高いとか低いとかいうことはあまり関係がありません。 IEで表示が崩れようが、validatorで文法エラーが出ようが、眺めているだけの私にとっては全く問題ありませんし、むしろ一般的にはネガティヴに受け止められるような要素も含めてその人の特徴であり、テンプレートサイトはそれを感じることができるのが楽しい。 一流企業のホームページのように画像やFLASHをふんだんに使ったゴージャスなデザインよりも、少ない画像にボーダーひとつで頑張っているようなデザインのほうに、より人間らしい魅力を感じるのは今も変わりありません。 もっとも私自身が素人ですから、魅力を感じるというよりは共感しているだけなのかもしれませんが。

応援しています

どうしたらテンプレートサイトを応援することができるのか考えてみましたが、これは意外に難しいです。 そのサイトのテンプレートを利用することによって感謝のメッセージを伝えることが一番のエールになることは間違いありませんが、私はこのサイトしか持ち合わせておりません。 メールで直接メッセージを伝える方法も、逆に相手は対応に困ってしまうのではないでしょうか。

妙案のないままこのテキストをアップしてしまいましたが、とりあえず次善の方法として、大好きなテンプレートサイトへのリンクにエールの意味を込めさせていただきます。 どれも素敵なサイトばかりですので、ぜひ色々な方にご覧になっていただきたいです。 なお、すでに閉鎖してしまわれたサイトに関しては別のページで紹介しています。

ざっくりした時れ

2004年頃

こんなサイトがありました
ODD、Love Apple、MO-NA、0407、アミュレット など

2006年頃

こんなサイトがありました
CoCo*、Design601、Dimanche、RAGARD、stans など

2008年頃

こんなサイトがありました
alevirita、Chat x Cat、spooky、雛形倉庫 など